過払い金とは?

債務者がクレジット会社や消費者金融会社に今までに支払った余分なお金のことです。
もっと解りやすく説明しますと、貸金関係の法律は、出資法と利息制限法の2つの法律があります。
どちらも合法なのですが、貸金業者に限りみなし利息が認められている出資法で条件を満たしていない場合は利息制限法に引き直しで計算し、余分に支払った部分を残元本に充当すると借金が減ったり、場合によっては支払いすぎた分が、戻ってくる場合があります。

 

グレーゾーン
この利息制限法と出資法との差額がグレーゾーンと呼ばれています。
利息制限法の利率は
       〜10万円までが年率20%
10万円を超えて100万円までが年率18%
   100万円を超えるものは年率15%
となります。

 

過払い金返還請求の特徴

  • 過払い金は返還請求をしないと戻ってきません。
  • 借金が残っていると思ってたら、逆にお金が戻ってくる場合がある。
  • すでに完済している業者にも利用できる(過去10年以内)。
  • 和解にて早期決着になるケースもあるが、裁判になるケースもあるので任意整理と同時進行になる場合が多い。

 

過払い金でのQ&A

  • 過払い金は請求すればどのくらい戻ってきますか?
  • 何年前に完済しているものなら利用出来ますか?
  • 過払い請求するとブラックリストに載ってしまいますか?
  • 取り戻すまで、どのくらいの時間がかかりますか?
  •   ⇒過払い金請求でのQ&A詳細

 

過払い金返還請求の注意点

過払い金の返還請求が多くなっていますが、最近貸金業者の体力が落ちてきています。
廃業や倒産も増えていますが、大手の貸金業者でさえ会社更生法の申請をしたりして以前より取り戻すのがむずかしくなってきています。
過払い金が確定しても支払いを先延ばしにしたり、何割かカットしてきたり、分割になってきているケースも多くなってきています。
もし過払い金の返還請求を考えていましたら早めに相談下さい

 

 

電話申込とフォーム申込です。

メール問合せはこちらから

ページの先頭へ戻る