☆借金問題・多重債務でお悩みの方☆債務整理・任意整理・自己破産・過払い金返還などをお考えの方☆一人で悩まずご相談を!

債務整理・借金問題なら生活支援相談所

総量規制とは?

総量規制について

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

貸金業者は、個人向け貸付けにおいて、年収等の3分の1を超える貸付けが原則禁止されます。
年収等とは、個人の年間の給与およびこれに類する定期的な収入の金額を合算した額のことです。
複数の貸金業者から借入れがある場合は、全て合算した金額が、年収等の3分の1を超えるかどうか審査します。
例えば、年収300万円の方に貸金業者が貸付けることができる金額は、100万円が上限となり、複数の貸金業者から借入れがある場合でも合計100万円が上限となります。

(ただし、総量規制の除外・例外となる貸付けもあります。)
年収等の3分の1を超える借入れがある場合は、貸金業者は原則として新たな貸付けを行いませんので、借入額が年収等の3分の1以下になるまで貸金業者からの借入れは制限されます。

総量規制の「除外」または「例外」について

除外の貸付けとは、総量規制の対象とならない貸付けです。
不動産購入のための貸付け、自動車購入時の自動車担保貸付けなどは、同じ貸付けの残高としてあっても総量規制の貸付残高には含まれません。
他には高額医療費の貸付け等です。

例外の貸付けは
例外の貸付けは、除外とは違います。貸付けの残高としては算入するものの、例外的に年収の3分の1を超えている場合でも、その部分について返済の能力があるかを判断したうえで、貸付けができるものです。
有価証券担保貸付け
不動産担保貸付け
売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
顧客に一方的有利となる借換え
緊急の医療費(高額医療費を除く)の貸付け
配偶者と併せた収入の3分の1以下の貸付け
個人事業主に対する貸付け
(府令第10条の23第1項各号)

その他のポイント


専業主婦(夫)の方は配偶者の同意書・夫婦関係証明書面等の提出が求められます。
配偶者貸付けについて

総量規制は原則として個人ごとに年収等の3分の1を基準としますが、配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付けが、例外の貸付けである配偶者貸付けです。
配偶者貸付けにおいては、配偶者の同意と配偶者(夫婦関係)であることを証明する書類(住民票など)が必要になります。
例えば、夫の年収が250万円、妻の年収が50万円の場合、妻は夫(配偶者)の年収と併せて、300万円の3分の1、すなわち上限100万円の借入れが可能ですが、夫の同意と住民票など夫婦関係を証明する書類の提出が求められます。また、この場合、妻が100万円の借入れをすると、夫は貸金業者からの借入れが制限されます。

年収等を明らかにする書面が必要になります。
貸金業者が自社からの貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合を含みます。)または複数の貸金業者からの貸付けの総残高が100万円を超える貸付けを行う場合、年収等を明らかにする書面を利用者から求めることになります。
また、貸金業者によっては、上述の場合に該当しなくとも、審査のため、これらの書類の提出を求められることも想定されます。
例えば、既にA社の借入れが40万円、B社の借入れが40万円、計80万円の借入れがある場合に、新たにC社から30万円の借入れを行った場合、残高合計が110万円となり100万円を超えますからC社から年収等を明らかにする書面の提出が求められます。

お電話はこちらにどうぞ
03-5876-7679
平日10時〜21時
土曜は10時〜18時

メール相談24時間受付中!

メール問合せはこちらから

▲ページの上へ

◆HOME
債務整理の種類
任意整理とは?
任意整理Q&A
個人再生とは?
個人再生Q&A
自己破産とは?
自己破産Q&A
特定調停とは?
特定調停Q&A
過払い金とは?
過払い金Q&A
◆相談者の声
◆運営団体について
◆法律事務所との違い
◆ヤミ金・闇金の対策
◆出会い系サギについて
◆倒産を考えた時

いろいろな相談例
弁護士・司法書士について/現在の生活状況について/解決方法について/その他の相談について

借金の時効/ 総量規制/ ブラックリストとは/ 信用情報機関について/ 債務整理・借金の用語の解説/ サイトマップ/ 地方別借金返済対応地域
債務整理借金問題無料相談
生活支援相談所PC版はこちら