生活保護の活用

 人生は人それぞれです。
  • 会社が倒産した。
  • 景気が悪くなり残業がなくなった。
  • ボーナスもカットされ、給料も減額になり生活も苦しくなった。
  • 病気になり仕事をすることが出来なくなった。
  • 母子家庭になってしまった等で収入が不足し、支出の方が多くなってしまっている。
  • 無駄を減らし節約してもどうしてもお金が足りなくなっている。

 お金が不足し、借入で賄いどんどん借入が増えてしまっている人が多くなっています。
 そうすると今度は返済のために借金をし、余計に苦しくなってきています。

 借入の返済はもとより、その前に根本を考え直さなければいけないかもしれません。

 生活保護制度はそんな方々に最低限度の生活を保障するものとして、お金を受給出来る制度です。
 生活保護を受けることは生活を立て直す基盤になります。
 本当に生活が苦しい、お金が稼げないという方に借金返済と普通の生活をするために考えていただけましたらと思います。

生活保護の種類

 生活保護で支給される費用については、一括で支給されるわけではありません。
 いくつかの種類ごとに分かれて、それぞれの必要な額が支給されることになります。
 ※目的別にこれだけの額を使うようにといった規制がなされるということになります。

・生活扶助

これは、生活保護を受けている世帯が日々生活をしていく上で どうしても必要とされる経費が含まれる事になります。
生活扶助では1類と2類と、2種類に分けられます。
1種と2種についての詳細。

・教育扶助

もし生活保護を受けている世帯に義務教育に相当する 年齢の子供がいるときに、その子供が教育を受けられる ために必要な経費が含まれます。

特に母子家庭の生活保護を求める方などの方には 重要な事項だと思います。
教育扶助詳細

・住宅扶助

生活保護を受けている人が住む住居に関する費用を 負担するものです。 生活する上で一番大事な重要だと思います。 一般的には家賃などがありますが、その他にもいくつか 該当するのがあります。
住宅扶助詳細

・医療扶助

これは生活保護を受けている人、その人の家族の人が 何らかの病気にかかったり、けがをした場合に 医療機関で治療を受けるために必要な費用が含まれます。
医療扶助詳細

・介護扶助

これは国が定める、介護レベルにおいて要介護もしくは 要支援の基準を満たす人が生活保護を受けている 世帯の中にいる場合に支給される扶助です。
介護扶助詳細

ページの先頭へ戻る

生活保護その他

・免除となるもの

通常、国民として支払わなければならない費用も 生活保護を受給している世帯の場合 その義務から免除となるものがあります。 これは生活保護者の生活内容から 支払わなくてもいいと定めた内容です。 具体的には、固定資産税、県民または市長村民税といった 税金の支払いの免除、国民年金保険料を支払いの免除 NHK受信料の支払い免除といったことが 挙げることができます。 その他にも免除になるものがありますが なかなか判別が難しいので注意が必要になります。
免除となるもの詳細

・妊産婦加算

これは、生活保護を受給している世帯の中の人で 妊娠をしている、もしくは出産するという場合に考慮される 加算のことです。 この加算については、生活保護を受けている世帯のほう からの届出によってはじめて、実行に移されます。 また、このとき、その人が妊娠しているという事実を裏付ける ものとして、母子手帳や医師の書いた診断書などの提出が 義務付けられます。
妊産婦加算詳細

その他の加算

ここではその他の加算(障害者・在宅・放射線・介護)について ご説明いたします。
その他の加算詳細

 

 

生活支援相談所では、専門スタッフによる適切な債務整理方法をアドバイス・サポートをしています。 早く確実に解決するため相談する勇気を出しましょう
貴方の借金問題解決の悩みのお手伝いを出来ればと思います。

ページの先頭へ戻る

電話申込とフォーム申込です。

メール問合せはこちらから

ページの先頭へ戻る